2014年

11月

19日

混合型腰痛のスクリーニング例

おはこんばんちは、信田です。


今日は普段のパーソナルトレーニングでのアプローチ例をご紹介します。

腰痛を持つクライアントでした。


腰痛で最も多いのが伸展型腰痛、もしくは伸展とその他の動作でも痛みが生じる混合型です。

今回の方も混合型でした。


いつも行う立位でのスクリーニング結果は次の通り。

前屈(+)、後屈(+)、側屈(左右+)、回旋(左右+)


どう動いても痛いということですね・・・

まずは、本人が一番自覚症状が強い側屈動作のスクリーニングを再度行うことにしました。


右側屈で左腰に、左側屈で右腰に痛みがあって右側屈の方が痛みが強い。


ここでまず行うのが座位での側屈検査。

座位になることで下肢筋群の過緊張がなくなった状態をつくることができます。

これで痛みがなくなれば下肢筋群による側屈制限があるということ。


でも、痛みはなくなりませんでした。

ということは上肢・体幹筋群による側屈制限だと考えることができます。


では、右側屈制限を引き起こす筋群は何でしょうか?


背側では、左腰方形筋、左脊柱伸展筋群(最長筋、腸肋筋、多裂筋など)


腹側では、左外腹斜筋、左内腹斜筋あたりですかね。


左図は多裂筋、回旋筋、腰方形筋が描かれています。

ということで背側と腹側のどちらの筋群なのかをスクリーニングしてみましょう。

 

座位のまま脊柱を屈曲位にし、これで側屈検査をしてみます。
こうすることで腹側の筋群は弛緩したポジションになるのがわかりますか?

側屈制限がなくなれば腹側筋群による制限、なくならなければ背側筋群による制限と考えます。

 

今回は、制限がより強くなりましたので、背側筋群による側屈制限だということがわかりました。

ここまで所要時間は1、2分です。

 

今のところ右側屈制限の原因として考えられるのは、左腰方形筋、左脊柱伸展筋群です。

さらに絞り込むために、座位の脊柱屈曲位で脊柱回旋検査をしてみます。

 

腰方形筋は右側屈を制限します。
左最長筋、左腸肋筋は右側屈と右回旋を制限します。
左多裂筋は右側屈と左回旋を制限します。

 

今回は、右回旋に制限がありましたので、左腰方形筋、左最長筋、左腸肋筋の柔軟性を改善してみましたところ、痛みはなくなりました。


反対側も同じように検査を行い、柔軟性向上のアプローチを行いました。

脊柱伸展筋群の柔軟性を改善したので、側屈に加えて前屈の違和感もなくなりました。

 

残るは後屈と回旋へのアプローチです。

 

つづく

連絡先

【Mobile Phone】

090-4003-8166

 

【E-mail】

shidaxtrainer@gmail.com