2014年

4月

14日

足部・足関節のニュートラルアライメント

●足部・足関節のニュートラルアライメント

 

おはこんばんちは、信田です。

今回は、足部と足関節のニュートラルアライメントについて書きます。

【足関節】

・底屈 / 背屈 0度

 

【後足部】

・下腿の二等分線と踵骨の二等分線が一致する

・5つの中足骨頭は同じ平面上

 

【足部の3つのアーチ】

・内側縦アーチ

踵骨-距骨-舟状骨-内側楔状骨-第一中足骨

 

・外側縦アーチ

踵骨-立方骨-第五中足骨

 

・横アーチ

第一中足骨頭-第五中足骨頭

 

【前足部】

・すべての中足骨と趾骨が互いにまっすぐ

・足趾は床面に対して相対的に平らになっている

 

【歩行中の足角】

・足部の進行方向の角度が7~13度である

(左図は足角増加・前足部外転位)

 

立位のアライメントにおいて、足部・足関節は唯一の接地部位となります。

 

股関節や膝関節のアライメント、大腿骨や脛骨の構造的多用性などを含めた総合的な判断も必要になってくることを覚えておきましょう。

連絡先

【Mobile Phone】

090-4003-8166

 

【E-mail】

shidaxtrainer@gmail.com