2014年

4月

03日

理想的な姿勢とは

●理想的な姿勢とは

 

おはこんばんちは、信田です。

今回は、理想的な姿勢について書きます。

・冠上縫合頂点の少し後方

・外耳道

・第2頸椎の歯突起

・肩峰

・腰椎の椎体

・大転子

・膝関節の少し前方

・外踝の少し前方

Length-Tension relationship(筋緊張と長さの関係)をご存知でしょうか?

 

筋肉には、「最適な長さ」があります。

短すぎても長すぎても力が出ないんですね。

 

つまり理想的な姿勢というのは、全身の筋肉が最適な長さになる骨のアライメントのことです。

 

この理想的な姿勢とクライアントの姿勢を比べることで、どの筋肉が短くなっているか、長くなっているかを推測することができます。

 

代表的な不良姿勢として、上位交差症候群、下位交差症候群、フラットバック、スウェイバックなどがあります。

 

次回はこれらについて書きたいと思います。

連絡先

【Mobile Phone】

090-4003-8166

 

【E-mail】

shidaxtrainer@gmail.com